家出少女

 
家出少女とかってタイトル
一瞬ビビるんですけど…

ウチのチビが家出したわけではありません。



中村 中さんの曲でした。

タイトルだけ見て一瞬「少女A」をイメージしてしまったのは自分だけ?
どんだけロックなのかとも一瞬思ってしまいましたが
そこはさすが中村 中さんのこと
しっとりとじっくりした楽曲でよかった。

曲の中でこんなフレーズがありまして

「力がなくなるまでは走りたい 自分で選んだ道を走りたい どんな暗闇でも」

子どもってある瞬間こんな風に思うんですよね。

近い将来や遠い将来のことを
大人目線からアドバイスされて
それは解るんだけど
自分の力だけで自分の信じた道を進みたいと思う瞬間が…

自立であり成長であるわけですけど
果たしてウチのチビがきちんと自立できるのかどうか心配で…

自分も一人っ子
ヨメも一人っ子
さらにはチビも一人っ子なので
親が死んだらチビには頼る人がまったく居なくなるのです。

いつまでも甘えてもらいたいと思う反面
自立の道をきちっと作れる環境を与えるのも親の使命かと…


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック





みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

サンプル・イベント・モニターならBloMotion
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。